マスヤ薬局

安心して相談できる長野県の漢方薬局、処方せんもおまかせください!

生理痛はあたりまえじゃない!

time 2011/08/17

生理痛はあたりまえじゃない!

 

生理痛はないのがあたりまえ

 

生理痛があるのが当たり前・・・そう思っている方、実は寝込んだり、痛み止めを飲まないと耐えられない、といった場合は異常な状態なのです。

生理前にイライラしたり、胸が張ったり、生理にまつわるトラブルは女性の大きな悩みですよね。

生理なんてないほうが楽!という考えかたもいけません。

生理は大事な体のシグナルで、不妊や更年期障害などにも大きく関係しています。

 

 

  • 女性の生理的な一生は7の倍数

女性の一生は7の倍数

 

男性の腎精はこちら

 

中医学(中国漢方)では、女性のからだは7の倍数で変化が訪れる、と考えます。

7歳で永久歯が生え髪が豊かになり、14歳で初潮を迎え、21才から成熟していき、28才頃がピークで、その後35才頃から老化が始まり、42才頃には老化のスピードが速まり、49才前後で閉経を迎える・・・、という考えかたです。

こうした生理的な自然の流れは、生活習慣や食生活などで個人差がありますが、足りないものは漢方薬で補ったり、逆に余分なものは排出したりすることで老化を緩やかにすることも出来ます。

 

 

  • 年代にあった過ごし方をしましょう

 

年代 特徴 食養生
35才~45才 気と血が少なくなってくる。からだが冷えやすく、疲れやすくなる。内臓機能が弱まり、肌も乾燥しやすくなる。また、回復力が弱くなる。 トマト・きゅうり・カニなど、からだを冷やす食べ物や、脂っこい食べ物、消化の悪い食べ物を避ける。

レバー・ほうれんそう・栗・人参・モロヘイヤ・プルーン・くるみなど、からだを温め血を補う食べ物を積極的に摂るとよい。

45才~50才代 女性ホルモンの低下により、更年期特有の症状がでやすい。

とくに気の流れが滞り、イライラしたり、憂うつになったり、不安になったり、不眠になったりしやすい。

柿・カニ・酸味のあるものは、気の循環に適さないため、避ける。

にんにく・ざくろ・黒ゴマ・松の実・ジャスミンなど、血を補い、また気の流れをよくする食べ物を積極的に採るとよい。

 

医食同源(いしょくどうげん・・・薬を飲むことは毎日食べることと同じくらい大事、また食べることは薬を飲むことと同じく心身を健やかにする)といって、食べ物はもともと人間のからだを良くしたり悪くしたりします。

あなたのからだによい食べ物を積極的に摂ることは、元気に暮らすためにとても有効なことです。
それでも追いつかない場合には、漢方薬がお手伝いをします。

自分のからだにあう食べ物を知りたい!更年期が恐い!生理痛をおだやかにしたい!不妊の相談をしたい!

ひとりで悩まず、一度マスヤ薬局にいらしてください!ご相談はいつでも無料です。お気軽にご来店ください!

 

マスヤ薬局、店舗案内はこちら 店舗案内

▲TOP

漢方ダイエット

風邪のはなし

TOPIX