マスヤ薬局

安心して相談できる長野県の漢方薬局、処方せんもおまかせください!

男性の腎精

 

「最近めっきり弱くなって・・・」「環境ホルモンが影響しているらしいよ」「年だからかなぁ・・・」などなど。バイアグラの爆発的人気に裏付けられるように、インポテンツなどに悩む男性が増えている昨今、もう一度自分の体を見つめなおしてみては如何でしょう。

中医学では、女性は7の倍数、男性は8の倍数で節目を迎える、と考えます。

 

男性の腎精

 

女性の腎精はこちら

 

8歳から腎気(じんき)が充実しはじめ、16歳では腎気は盛んになり、24歳から肉体が成熟し、32歳で腎精(じんせい)のピークを迎えます。 やがて40歳から腎気が衰え始め、56歳には精液も減少し老化が始まり、気力・体力が落ちていく、という考え方です。

もちろん個人差はあります。

若い頃に不摂生をすると老化も早まり、逆に節度のある生活を送ってきた人は元気な老後を迎えることが出来ます。

 

中医学では、老化や精力不足のことを腎虚(じんきょ)といい、腎虚(じんきょ)を改善する漢方薬を補腎薬(ほじんやく)と呼んでいます。

疲れやすい、足腰がだるい、健忘、めまい、耳鳴り、腰痛、脱毛、歯が悪い・・・といったことは、腎虚のサインです。腎虚は、男性不妊の原因のひとつでもあります。

腎虚には、9タイプあり、それぞれに適切な補腎薬(ほじんやく)を選んでいきます。
※人は一人一人違うため、ひとつのタイプだけでなく、複数のタイプに当てはまる人もいます。

 

▲TOP

 

  • 男性、腎虚9タイプ
ほてりタイプ・・・体液不足
Aタイプ

腎陰虚
じんいんきょ

腎陰虚 ぽかぽか型

早老、口渇、手足のほてり、頻尿

Bタイプ

肝腎陰虚
かんじんいんきょ

肝腎陰虚 しょぼしょぼ型

視力減退、目の疲れ、目が乾く、頭痛、めまい、肩こり、怒りやすい

Cタイプ

肺腎陰虚
はいじんいんきょ

肺腎陰虚 かさかさ型

から咳、鼻炎、のぼせ、湿疹、かゆみ、アトピー性皮膚炎、ぜんそく

Dタイプ

心腎陰虚
しんじんいんきょ

心腎陰虚 イライラ型

イライラ、不眠、息切れ、動悸、不安感、便秘

Eタイプ

陰虚火旺
いんきょひおう

陰虚火旺 アツアツ型

のぼせ、熱感、寝汗、頬が赤い、手足が熱い

 

▲TOP

 

冷えタイプ・・・エネルギー不足
Fタイプ

腎陽虚
じんようきょ

腎陽虚 寒がり型

寒がり、顔面蒼白、手足の冷え、足腰の冷え、むくみやすい、夜間頻尿

Gタイプ

脾腎陽虚
ひじんようきょ

脾腎陽虚 胃弱型

胃下垂、食欲不振、元気がない、腹痛、軟便、下痢

Hタイプ

肺腎陽虚
はいじんようきょ

肺腎陽虚 ゼイゼイ型

冷えやすい、薄い痰、咳、喘息

Iタイプ

心腎陽虚
しんじんようきょ

心腎陽虚 ドキドキ型

全身的な冷え、青白い、動悸、息切れ、疲れやすい

Eタイプ

陰虚火旺
いんきょひおう

陰虚火旺 アツアツ型

のぼせ、熱感、寝汗、頬が赤い、手足が熱い

 

  • オススメ漢方薬
イーパオ益宝 海精宝かいせいほう
イーパオ
益宝
海精宝
かいせいほう
食品としてのアリの最大の特徴は、カルシウム、鉄、マンガン、亜鉛、マグネシウムなどの人体に必要な微量元素類(ミネラル類)をはじめ、アミノ酸、蛋白質などがバランス良く含まれていること。

「益宝(イーパオ)」は、食用蟻に加え、日本人の体質に合わせてハトムギ、葛などの植物成分を配合した理想的な食品です。

[健康食品]

「魚鰾(ぎょほう)」「枸杞子(くこし)」「沙苑子(さえんし)」「黄精(おうせい)」「蛮哥(マカ)」の5種類の生薬がバランスよく配合されています。

魚鰾(ぎょほう)は、ニベ科の魚フウセイとキグチなどのウキブクロで、中国では清の時代から滋養品とされてきました。魚鰾(ぎょほう)は、高質のコラーゲンやムコ多糖類、ビタミン、カルシウム、亜鉛、鉄分、セリンなどが豊富です。

補腎益精、滋陰助陽。男性のみならず、女性にも頼もしいサポート力を発揮します。

[健康食品]

 

▲TOP

 

  • 生活養生 8か条
  • 規則正しい生活を心がけ、十分に睡眠をとる
  •   →  腎精と腎気を守る

  • 適度に運動をし、上手に気分転換を図る
  •   →  気(き)・血(けつ)・津液(しんえき)のめぐりを良くする

  • 油っこいもの、辛いものは控える
  •   →  脾胃、肝胆、腎を守る

  • アルコール、たばこは控える
  •   →  肝腎、肺を守る

  • 新鮮な野菜をたくさん摂り、水分は適度に採る
  •   →  津液(しんえき)を増やす

  • 和食中心に腹八分目を心がけ、肉、魚のスープを適度に採る
  •   →  気(き)・血(けつ)・津液(しんえき)、腎精を作る

  • 節度のある性生活を心がけ過労しないようにする。熱い湯は避け、ぬるま湯のお風呂にする
  •   →  腎精を守る

  • 適度な日光浴を心がける
  •   →  全身の陽気と腎陽を高める

 

あなたの体調が悪い原因・・・それは腎虚(じんきょ)かも知れません。

からだからのシグナルを受け取ったら、早め早めのケアが大切です。
まずは一度マスヤ薬局にいらしてください!

ご相談はいつでも無料です。お気軽にご来店ください!

 

マスヤ薬局、店舗案内はこちら 店舗案内

お客様の声

漢方ダイエット

風邪のはなし

TOPIX